2011年03月31日

3/31、久々に朝からいいお天気


P3300988.JPG
3/31 旧2/27 はれ

皮肉なものです。

昨日おがさわら丸が出港するころから晴れてきて、
昨晩は星空、本日は朝からいいお天気です。

僕も前の便で3/27に戻ってきたのですが、
3/27から3日間はずっとどんより曇りでした。

3/30午前は雨模様からどんより曇りでした。

そして午後から晴れ間が出てきました。

今朝は本当に気持ちのいい青空です。
「ぱしふぃっくびいなす」は本日も停泊しています。

こちらの乗船客は
いいお天気のなか楽しめると思います。

ただし気温はまだ低めで、20度の予報です。

posted by mulberry at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

雨の中、ぱしふぃっくびいなす


P3300986.JPG
3/30 旧2/26 小雨

早朝、小雨の中、
湾内に「ぱしふぃっくびいなす」が入港しました。

大型観光船の入港は久々です。
天気は悪いけどほっとしました。

このところ
気象のめぐり合わせの悪いのが続きました。

お正月は大シケのため2隻が上陸できずじまいでした。

3月中旬は地震のため、津波警報でやはり上陸できず、
引き返しました。

そのあとのB&Gの子供ツアーも延期になりました。

そして今日のぱしふぃっくびいなすです。
残念ながら乗船客はかなり減ったようです。

朝のうち、天気がぐずついていますが、
のち回復する見込みです。

上陸して海に山に楽しんでいただきたいですね。

posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

ワラビの新芽

P3100866.JPG


父島では
ワラビ(広域分布・コバノイシカグマ科)の新芽が
出ています。

例年3月に入るころから新芽が出はじまります。

うちのブログを見ると、
昨年も今頃3/26にワラビとりの記事が出ています。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9294976.html

シーズンに一回くらいはとりに行って、
食を楽しみます。

新芽の時期が終わると、ぐんぐん背丈が伸び、
人の胸くらいまでの高さまでのびます。

そして冬場には枯れてしまいます。

放置されているワラビの場所は
ほとんど植生の変化がおきていません。

ワラビが密に茂っているからなのでしょうか。
それともアレロパシーとか他の原因があるのかしら。

posted by mulberry at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだか工事だらけの父島

3/29 旧2/25 曇り

例年のことではありますが、
この時期あちこちで工事だらけ。

年度末の風物詩のようですね。

うちは工事関係に携わっていないので、
どうもやや否定的に見てしまいがちです。

工事現場にある工事件名を見ながら通って、
この工事ほんとうに今なのかなとか思いながら。

不要不急の工事だからこそ、
年度末にやるのかもしれません。(笑)
真実は知りませんよ。

工事に携わってる人からすれば、
暑さがないので、作業はしやすいでしょうね。

夏場に同じ作業やってたら、地獄の暑さですものね。

ところで、これから東日本一円では、
復旧・復興のための工事が相当期間続くでしょう。

政府・自治体も
相当予算を必要とすることになります。

今でさえ、累積赤字が相当あるのに、
このための予算措置はどうなるのでしょう。

予算の配分を根本から見直しでしょう。
さらに確実に増税でしょうね。

日本自体が倒産しないように。

posted by mulberry at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

坂本三佳さんもハカラメ育てています

もう2年くらい前になりますが、
とある番組の撮影で坂本三佳さんにお会いしました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/8092903.html

坂本さんが島から持ち帰ったセイロンベンケイソウ
(ハカラメ)もよく育っているようです。
http://twitpic.com/3eifgu

ツイッターで坂本さんのフォロワーになっています。
posted by mulberry at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セイロンベンケイソウはメジロに蜜を吸われる

P3160904.JPG


3/28 旧2/24 曇り

セイロンベンケイソウ(ベンケイソウ科・外来種)は
この時期あちこちで花が咲いています。

セイロンベンケイソウすなわちハカラメは
かつてトウロウソウともよばれていました。
とうろうすなわち灯籠です。

この花は筒部が長く、中の基部に甘い蜜があります。
普通、鳥のくちばしでは蜜に届きません。

しかし、
小笠原のメジロは蜜を取る方法を知っています。

横からつついて蜜を取るのです。
同じことをハイビスカスでもやっています。

この盗蜜行動はよくやっていますので、
気をつけてみていると見られます。

またそういう行動をしたあとの花は
横がつつかれて穴が開いています。


posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

3/27、花粉症持って帰ってきました

3/27 旧2/23 曇り

先ほど父島に着きました。
花粉症がくっついてきました。

3/24に東京着いて、その日は全然平気でした。

よく3/25は少し花がムズムズし始めました。

そして帰る日の3/26は
朝からもう鼻水出て、目もかゆくなっていました。

船に乗ってうるちに治るかと思いましたが、
結局、父島まで着いてきました。

こちらは杉がないので、
たぶんこの症状も明日にはおさまるはずです。

単なる風邪の引きはじめだったりするのが心配です。

明日にはよくなることを祈っています。
posted by mulberry at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

おがさわら丸乗船

2011032609020000.jpg待合室です。そこそこ人がいます。鼻がムズムズします。島に戻れば治るでしょう。

posted by mulberry at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

浜松町から六本木

2011032510210000.jpgぶらぶら散歩です。東京タワーの先端曲がっていました。

posted by mulberry at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の浜離宮

2011032507070000.jpg朝食は12階。上から見下ろしています。天気よさそう。

posted by mulberry at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

懐かしのメルパルク

2011032418270000.jpg東京着後、散歩。ここは僕と妻が結婚式をあげた所。懐かしの場所。

posted by mulberry at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おが丸船内より

大島が見えています。途中はやや揺れました。何事もないことを願っています。

posted by mulberry at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

3/23とんぼ返りで船に乗ります

3/23 旧2/19 霧雨

本日、午後のおがさわら丸に乗ります。

とんぼ返りで
次の3/25東京発にすぐ乗ります。

東京では中一日あります。

今回は船内レクチャーの講師の仕事です。
東京からの船での仕事です。

この予定は以前に決まっていたので、
中一日を利用して小旅行を考えていました。

しかしこの大地震でそれはやめることに。

こういう状況ですから
この仕事も自分の判断でキャンセルできるので、
考えました。

僕の判断は
さらなる大きな危機はないので行きます。

今朝も震度4−5があるので、地震はまだ心配ですね。

安心な場所から家族と離れるので心配はあります。

でも楽観的に行ってきます。

なんだか内地に行くのも決意が必要でいやですね。

posted by mulberry at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

シマモチの花

P3190922.JPG

シマモチ(モチノキ科・固有種)の花が咲いています。

シマモチは小笠原全域に広く分布しています。
樹木は小高木です。

花は4弁で小さいのですが、かなりたくさんつきます。

香りはあまりいいものではないですが、
周りに漂っています。

葉は肉厚で楕円で、
先端のほうだけ鋸葉のようになっています。

小笠原のモチノキ科自生種は
シマモチ・ムニンモチ・ムニンイヌツゲの3種です。

posted by mulberry at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改善を求む:ビジタ−センター、トイレのサイン


P3210940.JPG
批判的ことあまり書きたくはないのですが、
行政や大きな組織は話しがまた別です。

今回もそうです。

何度か数人の担当者に言ったのですが、
改善されないので、ブログに書くことにしました。

小笠原ビジターセンターのトレイのサインです。
問題は女子のサインです。

ただ一枚の写真では意味がわからないでしょう。

こういうサインは
ある程度離れていて見えることも大事です。

ここのサインは近く行かないとわかりません。

つまり女子のサインは奥まっているので、
間近に行かないと見えないのです。

普通、訪問者は写真右側の方から歩いていきます。

そうすると男子のマークしか見えません。

男子のマークが見ええると、
普通は反対側を探しますよね。

反対側にいくとビジターの入り口です。

それで探して
ようやく女子トイレがわかるという感じです。
何度もそういう場面に出くわしています。

改善策は簡単で
男子のマーク所にもう一枚並んで貼ればいいのです。

あとは近づけば男女の別はわかりますから。

実際の問題点は
設計の時に気づかないこともあるでしょう。

構造物も順応的管理が必要です。

これでサインの位置が変わるかな。
かわらなきゃ、支庁の怠慢ですと言い切ります。

小さなことから信頼関係は失われていくのですよ。
これは民間でも役所でも人でも同じです。


posted by mulberry at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八星流若葉太鼓終了の会

P3210952.JPG


3/22 旧2/18 はれ

昨日午後、八星流若葉太鼓の終了の会があり、
見学していきました。

若葉太鼓は5・6年生がメンバーで今年度は11名です。
ほとんどが5年生で、うちの千尋も入っています。

なので、見に行きました。

この日は初めにいつもどおりの練習をして
そのあとの最後の30分ほどが発表の場でした。

みなしっかり叩いていました。
小笠原太鼓はそれぞれ上拍子を叩き、
個性がそれぞれ出ていました。

千尋もしっかりやってましたが、
ちょっと力が弱い感じがしました。
女の子だからしょうがないかな。

千尋には来年度もまた取り組んでほしいなと
思います。

こういう技術をを身につけておくと、
一生の財産ですから。

僕は楽器というと、ソプラノリコーダーで、
イェスタディが吹けるだけです(さびしい)

posted by mulberry at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

オニタビラコの花

P3150890.JPG


あちこちの集落付近の空き地や道端に
オニタビラコ(キク科・広域分布)の花が
咲いています。(3/21現在)

生えている場所がほとんど道端や空き地なので、
僕はてっきり外来種と思っていました。

でも、
小笠原植物図譜では外来種にはなっていません。
つまり広域分布種になるようですね。

日本国内でも自生種ですね。

花は黄色で小さめですが、
たくさん咲いていてよく目立ちます。

posted by mulberry at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「千葉県 阿部かおりさん」まだ落書き残ってますよ


P3160903.JPG
3/21 旧2/17 快晴

コペペ付近の壕の中に
「千葉県 阿部かおり 父島よさようなら」
と書いた落書きが残っています。

他の落書き箇所から見る限り
30年近くたっているようです。

多分若い頃にここやってきて
若気の至りでペンキで書いたんだと思います。

きっともういいおばさんになっていることでしょう。

しっかり書いた落書きは
こうやっていつまでも残ります。

自分の記念にはなるでしょうけど、
他の人にとっては見たくないものです。

阿部さんもぜひ消しに来て下さいな(笑)
posted by mulberry at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

住宅になった大村第一砲台予備電灯格納庫跡

まもなく完成を迎える警察の官舎。

この場所は
もと大村第一砲台予備電灯格納庫があった場所です。

予備電灯なんて時代を感じさせますね。

この工事の前は格納庫の壁が残っていて、
周りのガジュマルが大きく繁っていました。

ここがそういう場所だったことを知っている人は
少なかったと思います。

昨日この官舎の前を通ると
説明板が設置されていました。

でもまったく何も残っていないので、
説明板だけです。

何か一部でも残しておけばよかったのにと
思いました。あとの祭りですけど。

あ、別に警察責めてませんからね。
念のため。僕の生活のため。(笑)


P3190937.JPG
posted by mulberry at 09:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後は育てたアオウミガメの放流


P3190932.JPG
3/20 旧2/16 はれ

昨日午後遅く、
宮之浜でアオウウミガメの放流が行われました。

これは5年生が総合で
夏ごろから半年ほど育てていたものです。

5年生はアオウウミガメを総合でみっちりやります。

夏以降はほぼ毎週土曜日午後、
海洋センターに出かけていってました。

自分たちのアオウミガメを
しっかり面倒見ていたのですね。

放流されたカメの何頭かは
無事育ってくれるかしらね。
また会えるといいね。

カメ同様、子供たちも島から出て行く日が来ます。
そして何人かは
また島に戻ってきて生活をすることでしょう。

うちの千尋はどういう人生を過ごすかな。
posted by mulberry at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする