2009年06月30日

北硫黄島のガクアジサイ

P6180193.JPG

梅雨に入った内地では、
アジサイの花の時期でしょうか。

小笠原群島にはアジサイやガクアジサイは
自生していません。

父島では
ガクアジサイが戦前に栽培種として持ち込まれ、
それが一部野生化しています。

北硫黄島では400mくらいまで上ると、
ガクアジサイがたくさん自生しています。

6月中旬ころは
イオウノボタンとともによく咲いていて、
とてもきれいでした。

内地や伊豆諸島にあるものが、小笠原群島にはなく、
それより南部の火山列島にはあるというのは
考えてみればなんか不思議なことですね。


posted by mulberry at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハネムーンで戦跡ツアー


P6290076.JPG6/30 旧閏5/8 はれ

昨日午前、
ハネムーンのお二人が戦跡ツアーに。

ナショナルランドさんから予約いただきました。
この会社ではハネムーンプラン取り扱っています。
http://www.n-l.co.jp/

さて、ハネムーンと戦跡って、
イメージが合わない気もする人がいるでしょう。

楽しみいっぱいの旅と、負の近代歴史遺産。

楽しみだけでは終わらない記念の旅だからこそ、
印象に残るのかもしれません。

写真は八八式七糎野戦高射砲の前です。

素敵ないい旅になったことと思います。

仲よく暮らして、またぜひご来島下さいね。


posted by mulberry at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

シマホルトノキ(固有種)の花


P6240037.JPGシマホルトノキ(固有種)の花が咲いています。

山を歩いていて、甘ったるいにおいがしてきて、
セイヨウミツバチがブンブン飛んでいたら、
この花が咲いているはずです。

実際、花をとって、なめてみると甘いです。
セイヨウミツバチが集まるはずですね。

花は王冠みたいな感じです。

シマホルトノキは高木林内に自生していて、
なかには父島でもかなりの大木があります。

この樹の下はいつも紅葉した落葉があって、
わりとわかりやすいです。

少し前に行った北硫黄島では
同じホルトノキ科のチギがたくさんありました。


posted by mulberry at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏だ、スノーケルツアーだ


P6280005.JPG6/29 旧閏5/7 はれ

昨日は
女性3人組の参加者で、スノーケルツアーでした。

朝からすっきりいい天気で、海日和でした。

お迎えのあとはコペペ海岸に。

一日コースで、午前2回、午後1回の計3回、
各1時間づつほど遊びました。

水温がやや低いので、3mmのスーツ着ていても、
後半はやや冷えましたね。

1回目はまず基本練習と、慣らし。
2回目からはスノーケルツアーで、
潜る練習も入れました。

お昼はコペペ海岸の木陰で
お弁当をゆったりと食べました。

3回目には隣の小港まで遠征して遊んできました。

午後の部は千尋も参加して、
お姉さんたちと一緒に遊ばしてもらいました。

夏の海はやっぱり気持ちいいですね。

ビーチでのんびり遊べるスノーケルツアーも
おすすめです。


posted by mulberry at 07:48| Comment(2) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

父島返還祭


P6270075.JPG昨日午後5時から、父島返還祭が開催されました。

旭の出演があるので、
早々にゴザをしいて待機しました。

わが旭は、村長の開会挨拶のあと、
保育園児で登場。

楽器と踊りで2曲演じていました。

その後は、知り合いたちと飲みながら、
プログラムを楽しみました。

プログラムの最後には矢沢の会が登場。
矢沢永吉のコピーバンドです。

同級生のお父さんがメインボーカルでした。

とても盛り上がっていました。
矢沢の会も定番になっていきそうな勢いが
ありますね。

posted by mulberry at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々に千尋岩に行ってきました


P6270062.JPG6/28 旧閏5/6 はれ

昨日は
参加者3名と千尋岩トレッキングでした。

北硫黄島調査で2便ほどツアーができなかったので、
千尋岩に行くのもしばらくぶりです。

夏本番となっての山歩きは
登り道で汗いっぱいかきますね。

千尋岩の上でも、陽射しががんがんきますので、
弁当は木陰で避難しました。

帰り道は下り道なので、夏でもわりと楽です。

でも僕自身は
北硫黄島でのハードな山歩きのあとなので、
とっても楽に感じました。

これから夏場に参加のみなさん、
汗をたっぷりかく覚悟できてくださいね。

終わったあとのビールはきっと格別ですよ。

posted by mulberry at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

四一式山砲の前で


P6260059.JPG昨日の午後は、女性親子2人で、
戦跡ツアーに参加いただきました。

お二人の住まいは、茨城県で、
僕が中・高と住んでいた水戸に近い所なので、
より親しみを感じました。

戦跡ツアーでは夜明山の森の中を歩きました。

これから夏の暑い時期、
このエリアは山の上のほうで、森の中の道ですので、暑さもマシです。
風が吹けば、涼しいです。

また、
洞窟陣地の中は天然クーラーのようになっています。
ひんやりして気持ちいいですよ。
posted by mulberry at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

やっと夏本番かしら


P6260058.JPG2日続けてすっきり晴れています。

高気圧もそれなりに張っているので、
いよいよ夏本番でしょうか。

http://micos-sa.jwa.or.jp/metro/ogasawara/

でも、海は泳ぐとまだ冷たいし、
気温も30度いかないので、
本当はもうひといきといったところです。

これから11月頃まで長い夏が続きます。

暑さに負けないよう、しっかり食べて寝て、
がんばりたいと思います。

内地はこれから梅雨本番ですね。
梅雨から逃げたい人、早めに夏休み取れる人、
ぜひ小笠原へどうぞ。


















posted by mulberry at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

返還記念日:6月26日 小笠原にとって 節目の日

6/26 旧閏5/4 はれ 定期船12:00着 550人

今日は41回目の返還記念日です。

1968年6月26日にアメリカから返還されました。

島かるたでは「返還記念日」の読み札は
ろ:  6月26日 小笠原にとって 節目の日
です。

小笠原小学校は創立記念日でおやすみです。
したがって、小学生は3連休となります。

明日の夕方、父島では返還祭が開催されます。

今日到着の船は八丈島寄港特別便です。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/8315030.html

例年多くの方に来島いただいています。
今年はちょっと少なめですね。

posted by mulberry at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 島かるた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

お祭り広場で返還祭の練習:保育園児

P6240019.JPG


>昨日午前、保育園児はお祭り広場舞台で、
返還祭の練習をしていました。

明日6/26は返還記念日です。
今年で41年目ですね。

そして明後日夕方に、返還祭が行われます。

明日の船は八丈寄港便でもあるので、
一層にぎわうことでしょう。
八丈太鼓の出番もありそうですね。

父島保育園児も出演します。
楽器と踊りとで2曲くらいはやるようです。

年長さん(がじゅまる組)の旭君も、
しっかり練習していました。

旭君は舞台に向かって左端にいたので、
我が家のゴザの位置は左側に決定。

早めに陣取らなくちゃ。

posted by mulberry at 08:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北硫黄島の植物:イオウノボタンの花

P6180196.JPG

6/25 旧閏5/3 はれ

先日行ってきたときに見てきた北硫黄島の植物を
紹介します。

イオウノボタンです。

標高400m以上になってくると出てきます。

ちょうど行った時はよく咲いていました。

ほとんどが5弁の花びらですが、
よく見るとまれに4弁がありました。

このノボタンがあるような高さの所には
ガクアジサイも咲いていました。

イオウノボタンは
ノボタンの変種とされています。

小笠原で見られるノボタンでは一番色が濃いですね。

posted by mulberry at 07:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

潜水艦「なるしお」


P6230012.JPG昨日から、湾内境浦沖合いに、
海上自衛隊潜水艦「なるしお」が
浮上した状態で停泊しています。

この「なるしお」は「おやしお」型のようです。
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/ss/oyashio/590.html

昨日午後、おがさわら丸の出港時に、
境浦から写真を撮りました。

手前から、
濱江丸、なるしお、おがさわら丸です。
おがさわら丸は遠くてわかりにくいですね。

なるしおは6/26まで停泊しているそうです。

潜水艦も
一度見学会やってほしいですね。



posted by mulberry at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分を変える、成長させる「付き合いの原則」

6/24 旧閏5/2 曇り・ガス

しんくみ情報誌「ボンビバーン」の中に、
「ツキを呼び込こむ社長業のヒント」というコラムが
あります。

和田一廣氏(経営コンサルタント)が書いています。

62号では
自分を変える成長させる「付き合いの原則」として
10項目述べられいます。

こんな人と付き合うということで、
9項目書かれています。

そして最後の項目では、
こんな人と付き合わないとして、
「自分の利得だけを考えている人とは付き合わない」
とありました。

これは妙に納得しました。
こんな人いますよね。

でも、自分もそう思われていないか要注意です。

商売をやっていると、常に利得を考えますからね。
儲けはあとについてくるって言われてもね。

皆さん、戒めにしましょうね。




posted by mulberry at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

JTBFコラム:「やる」が「やる気」を生む

JTBF研究員、観光文化事業部・久保田美穂子氏の
コラムを紹介します。

「やる」が「やる気」を生む。
http://www.jtb.or.jp/investigation/index.php?content_id=227

そのとおりだと思います。

まずやってみる。
うまく行けば、続ける。
そして力となっていく。

うまく行かなかったら、そこでまたよく考える。

シンプルに考えれば、いいんじゃないでしょうか。

そんなことを考えさせるコラムです。

逆説的ですが、
やらない言い訳をしないというのと似ていますね。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/8300344.html

やらなくちゃですね。
posted by mulberry at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウミガメプラスコース開催


P16272627.JPG6/23 旧閏5/1  曇り

昨日のナイトツアーは、
今シーズン初めてのウミガメプラスコースでした。

通常のナイトツア−にプラスして、
アオウミガメの産卵上陸を探すものです。

時間設定も4時間ほどで、
終わりは11時半くらいを予定しています。
うまくいけばですけど。

さて昨日はというと、まずグリーンペペを見に行き、
オオコウモリを探しました。

その後、アオウミガメの産卵行動について、
簡単なレクチャーをしてから、まずはコペペ海岸へ。

超ラッキーなことに、いきなり足跡がありました。

すでに場所を決めて、前肢で大穴を掘っていました。

なかなか場所もよさそうでしたので、
かなり期待して、その後は待ちました。

暗いのでよく見えませんが、
掘っている音はよく聞こえます。

大分待ちましたが、予想通り順調に掘り続けて、
とうとう産卵が始まりました。
(写真は今回のではないです。)

産卵も無事終わり、穴を埋め戻しているところで、
ツアーは終了にしました。
11時過ぎでした。

遅くなっても平気で、気長に待てる人、
7月いっぱいまで出港前日が催行日です。
ご参加お待ちしています。
posted by mulberry at 08:20| Comment(5) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ソフトボールクリニック・・上野投手も来島


P6210483.JPG昨日午後、
ソフトボールクリニックが開催されました。

これは都と村による
オリンピックムーブメント共同推進事業です。

講師として、
ルネサステクノロジー高崎事業所ソフトボール部、
監督と選手6名が来島されました。

選手にはあの上野投手も入っています。
さすがいい体格してますね。

クリニックは、
子供の部と大人の部に分けて行われました。

子供の部では千尋も参加し、
選手とキャッチボールをしてもらいました。

監督、選手の皆さん、ありがとうございました。

posted by mulberry at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

青灯台で子供と海遊び

P6210481.JPG

>午前、船からの荷おろしが終わったあと、
子供2人連れて、青灯台へ。

僕らが着いたときには晴れてきましたが、
ちょっと前までスコールがあったので、
誰もいませんでした。

僕、千尋、旭、3人で楽しみました。

写真は青灯台から10mほどのところにある
フロートです。

この下はすでに水深5m以上です。

旭は保育園年長さんですが、
まだ腕輪がないとここまで泳ぐのは怖いようです。
千尋はさすが慣れたもんです。

気持ちよく泳いだあと、お昼を食べに行きました。

午後は、
北京オリンピックソフトボール金メダリストたちを
見に行ってきます。
posted by mulberry at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北硫黄島から無事帰還


P6160020.JPG6/20 旧5/28 はれ

昨日午後、北硫黄島をたって
まだ暗い本日3時半に無事帰還しました。

けが・病気など大きなトラブルもなく、
みな元気で戻ってきました。

出発の日に船で1泊、北硫黄で4泊しました。
そして帰りの船で先ほどまで寝ていました。

情報は何も入らず、浦島太郎気分です。

北硫黄の天気はやや不順で、
日中はおおむね晴れたり曇ったりでしたが、
夜は3日も雨が降りました。

山頂のほうはほとんどガスがかかっていました。

北硫黄到着の6/16はまず船から荷揚げです。
のち、標高200mのベースキャンプまで、
2回荷揚げしました。

6/17は調査しながら下って、
帰路にまた荷揚げしました。

6/18は上方部の終日調査で、
標高500mぐらいまで登りました。
山頂隊は山頂アタックです。

6/19はベースキャンプ付近で終日調査でした。
山頂隊が無事戻ってきました。

6/20は朝から撤収作業で、ふもとに戻り、
さらに船への撤収作業をし、
午後に北硫黄をあとにしました。

今日は午前中に船から荷物を降ろします。
あともうひと仕事です。

自分自身の大きなチャレンジも
無事終わったかなと思います。

posted by mulberry at 04:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

1週間ほど更新をお休みします・・北硫黄島への旅

今晩から北硫黄島探検調査に出るので、
ブログの更新は1週間ほどお休みさせていただきます。

GPSは使えますが、
無人島で、普通の携帯は使えません。

連絡も船との無線だけが頼りになります。
船からは島の漁協などへ無線が通じます。

1週間近く、暑い環境下で、風呂にも入れず、
海でも泳げず、ひたすら山の中です。

飲み物・食べ物はレトルトが主ですが、
それなりにありますので、飢えはないはず。

そんな環境ですが、安全第一を心がけ、
元気よく帰ってきたいと思っています。

昨日は大神山神社に行ってきました。

では、
これから最終準備の船への積込作業です。


posted by mulberry at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枯葉のようなモクマオウの雄花

6/15 旧5/23 くもり

今の時期、
モクマオウ(外来種)は茎の先端が茶色っぽくなり、
枯葉がいっぱいついているように見えます。

しかし、先端の茶色いところは雄花です。

モクマオウは雌雄異花で、
小枝の付け根に雌花がつきます。

枝から細い茎がたくさん出て、
節間に小さな鱗片葉があります。

花の時期にはこの雄花の部分がたくさん道に落ち、
すべりやすいところもあります。

三日月山のような、カーブの多い坂道を
P6120010.JPG
バイクで走る人は要注意です。


posted by mulberry at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする