2018年11月18日

ハスノハギリ雄花

DSCN8420.JPG


少し前に紹介した
ハスノハギリ(ハスノハギリ科・広域分布種)雌花。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462680549.html

タイミングがずれて、
雄花が咲いていました。

基本の大きさ・形は同じですが、
雌花と雄花では萼片と花弁の数が違います。

雌花は萼片(大)花弁(小)とも4です。

雄花は3です。おしべも3です。

雌花・雄花のタイミングがずれることで、
自家受粉を防いでいるのでしょうか?
posted by mulberry at 12:12| 東京 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

ハスノハギリ雌花

DSCN8420.JPG


少し前に紹介した
ハスノハギリ(ハスノハギリ科・広域分布種)雌花。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462680549.html

タイミングがずれて、
雄花が咲いていました。

基本の大きさ・形は同じですが、
雌花と雄花では萼片と花弁の数が違います。

雌花は萼片(大)花弁(小)とも4です。

雄花は3です。
おしべも3です。

雌花・雄花のタイミングがずれることで、
自家受粉を防いでいるのでしょうか?
posted by mulberry at 11:35| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ブタ海岸、小港見下ろせる中山峠

DSCN8436.JPG


11/18  旧10/11  晴れ


中山峠はわずか110Mほどの高さ。

尾根は岩場で、
周辺に視界を邪魔する高木もありません。

北側は小港やコペペ。
南側にはブタ海岸や南島。

眺めのいい、おすすめスポットです。


ここは小港から20分ほどで登れます。
階段が多いので、膝にきますけどね。苦笑


posted by mulberry at 09:45| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

小笠原小学校4年総合「小笠原の植物」(2018)

DSCN8428.JPG


例年は1学期に実施する
4年総合「小笠原の植物」の授業。

今年は2学期からです。.

前回、学校で座学授業して、
この日11/13から2回、大神山公園で実習。

実習1回目は
お祭り広場で海岸植物の紹介をしました。

27人いるので、妻にも助っ人してもらい、
2グループに分けて実施しました。

次回は
大神山神社のほうで、山地の植物を紹介します。
posted by mulberry at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | 環境教育 | 更新情報をチェックする

小笠原小・中学校開校50周年記念式典

DSCN8441(1).jpg


DSCN8444(1).jpg


DSCN8445(1).jpg


11/17午前、
小笠原小・中学校開校50周年記念式典が開催されました。

2部構成で、
前半は式で、後半は児童の合唱・生徒の吹奏楽でした。

小・中学校の開校は
1968-6-26です。

返還日の夕方、開校式が行われました。


うちの長男は中3で、
記念すべき50周年の年に在校生です。

在校生は
記念のボトル水筒と記念誌をもらっていました。

長男は
100周年の時、65才。

僕はとっくの昔にあの世。
何十周年まで見られるかな?爆笑
posted by mulberry at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

黄色く広がるスナヅル

DSCN8439.JPG


11/17  旧10/10  曇り

中山峠から小港を見下ろすと、
数カ所、黄色く広がる部分があります。

近くで見たのがこれです。

正体はスナヅルの茎ですね。

色は
黄緑色から黄色の範囲で幅があります。

この時期・11月は、全体に黄色です。

花も、果実も、
茎の所々についています。

スナヅル(クスノキ科・広域分布種)です。
クスノキ科というのが意外ですね。

posted by mulberry at 07:35| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

11/16森歩き 中山峠

20181116175434693.jpg

11/16森歩き。

2名様と歩きました。

天気もいいので、
まずは中山峠に。

素敵な展望を楽しみました。
posted by mulberry at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

サクラビール

DSCN8432(1).jpg

DSCN8433(1).jpg

DSCN8431(1).jpg


サクラビールの瓶です。
http://www.suzukishoten-museum.com/profile/cooperative_firm/sapporobeer/

戦跡のあるところには
たいがいビール瓶も残っています。

ほとんどはキリンか大日本です。

サクラビールはかなりレアです。

僕はまだ1本しか見たことがありません。

ちなみにこの瓶は
小笠原海洋センターで展示のものです。


今、うちの長女は北九州市にいます。
サクラビールも門司が発祥。

ご縁がありますね。笑
posted by mulberry at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

黒っぽい雲の隙間から夕日

DSCN8435.JPG


11/16  旧10/9  晴れ


昨日11/15
サンセットナイトの一コマ。

ツアー開始少し前から、
西に黒っぽい雲が広がってきました。

夕日はやや期待が持ちにくい状況に。

でも、
わずかな望みを託して見ていたら・・・

最後の5分のところで出てきました。

水平線の最後の最後はダメでしたが。


教訓、
何事もあきらめてはいけません。笑
posted by mulberry at 07:15| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

11/15サンセットナイト

20181115202900568.jpg

20181115202909077.jpg

11/15サンセットナイト。

関西からのクラブツーリズムの
お客さま3名様でした。

予想外に
よかった夕日でした。

グリーンペペも見られました。
posted by mulberry at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

パパイヤ雌株の花

DSCN8329.JPG


11/15  旧10/8  晴れ


パパイヤ(パパイヤ科・外来種)、雌株の花です。

集落の庭先で見られました。

花は乳白色で5裂、
めしべ1(柱頭が5裂)、おしべなし。

パパイヤには
両性株、雄株、雌株があるようです。

この個体には
雌花だけで、雌株のようです。

雌株の花は
はじめから小さな果実がついているような形です。

ここが
段々大きくなっていきます。

おいしい果実になるといいですね。
posted by mulberry at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

葉のカールが特徴的なウチダシクロキ

DSCN8368.JPG


ウチダシクロキは
せいぜい人の背丈くらいの低木です。

葉は肉厚で、
カールしているのが特徴的です。

葉の表面の縁が
裏側に巻き込んでいます。

この形状は
個体差ではなくて、種としての特徴です。

種名のウチダシ(打ち出し)は
この葉の形状からきているのでしょうね。
posted by mulberry at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ウチダシクロキ開花

DSCN8380.JPG


11/14  旧10/7  曇り

ウチダシクロキ(ハイノキ科・固有種)が
開花しています。

最近2か所の自生地に行き、
それぞれで開花個体を見つけました。

花のサイズはやや小ぶりで、
シャリンバイよりやや小さいくらいです。

花は乳白色、5深裂(5弁ではありません)。

おしべは多数、5束生(五体雄蕊)とのことです。

めしべは1(柱頭は3裂)。


残念ですが、
本種は観光ルート上にはないので、ご紹介できません。
posted by mulberry at 07:01| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

海軍航空隊送信所付近の街灯(街路灯)

DSCN8374(1).jpg


DSCN8375(1).jpg


海軍航空隊送信所付近の
街灯(街路灯)と思われる構造物です。

コンクリート製ですね。

高さは4mほどでしょうか。

基部には
電線や碍子が残っています。

まだ情報が少ないので、
街灯かどうかが確信が持てません。

どうでしょうか?
posted by mulberry at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

屋台で至福の時間

DSCN7970.JPG


屋台で
日本酒と焼きさざえ。

売り子のおばちゃんとの会話付きです。

短い時間でしたが
屋台での至福の時間でした。

大島岡田港です。

酒とおいしいつまみと楽しい会話。

この3点セット、最強ですね!!


こういうちょっとしたことが
旅先での一番の思い出になったりします。

侮れません。

そして、自戒します。

来島者との一期一会、
大事にしなくてはと思うんですけどね・・・

posted by mulberry at 08:04| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

「小笠原凧」作り方教室(2回目)

DSCN8414.JPG


11/13  旧10/6  曇り


「小笠原凧」作り方教室2日目。

前回、色塗りが終わりました。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462681093.html

今回は
骨組み・紙貼りまで作業しました。

骨組みがやや面倒でした。

12年前は
糊で直接紙に貼りました。

今回は
まず骨組みだけをガンを使ってとめて、
それから糊で神につけました。

写真は今回の終了時です。


ここまでは順調。
次回からは糸付けです。

あと1-2回で完成します、きっと。
posted by mulberry at 07:33| 東京 ☀| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

「小笠原凧」作り方教室参加

DSCN8365.JPG


複数回に分けて実施の
小笠原凧作り方教室。

小笠原凧保存会による講座です。

昨日は
下絵・蝋書き・色塗りまでやりました。

凧なので、
昔風の絵がいいなと思っていました。

12年前と同じ、
「やんすけとやんすけとやんすけと」にしました。
http://ogasawara-mulberry.com/sub3-25.htm

色は
絵本の色使いとは違っています。


この後も、
引き続き、完成目指して頑張ります。
posted by mulberry at 08:31| 東京 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

ハスノハギリ雌花

DSCN8324.JPG


11/12  旧10/5  曇り

集落内の
ハスノハギリ(ハスノハギリ科・広域分布種)。

時期外れですが、
花が咲いていました。

咲いていたのは雌花ばかり。

本種は雌雄同株ですが、雌雄異花です。

花はこぶりで乳白色。

雌花は
萼片(大きい方)4、花弁(小さい方)4、めしべ1。

柱頭は赤っぽいですね。

付け根の黄色ものは
おしべの葯あるいはその退化したものかしら?

1つの花序では
雄花(1-)2、雌花1の組み合わせになっています。
posted by mulberry at 07:54| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

利島訪問(2018年10月)

DSCN7752(1).jpg
利島

DSCN7740(1).jpg
利島港

DSCN7967(1).jpg
遠望 北側(集落側)

DSCN7965(1).jpg
遠望 南側


DSCN7713(1).jpg
宮塚山山頂507.5m  展望なし


DSCN7708(1).jpg
山頂付近展望台から この方向しか見えない。 遠くは大島。

DSCN7700(1).jpg
南ヶ山園地  新島や神津島など

DSCN7696(1).jpg
大山小山神社

DSCN7722(1).jpg
玉石の壁

DSCN7689(1).jpg
椿林と都道・利島一周道路

DSCN7731(1).jpg
ヘリポート

DSCN7723(1).jpg
利島小・中学校

DSCN7727(1).jpg
前浜親水リクリエーション施設  海水プール

DSCN7725(1).jpg
郷土資料館

2018年10月、利島訪問。

大島から、早朝のさるびあ丸で、移動。

条件付きながら、行きも帰りも着岸してくれました。
ラッキーでした。

島内は
全部歩いて回りました。

半日くらいあれば、
宮塚山の山頂(507.5m)も含めてまわれます。

ですから、アクセス確保していれば、
日帰りで十分見所は回れます。

僕は1泊しましたが、
朝のうちについたので、午後はやや手持ち無沙汰でした。

樹林は
道路のあるところはほとんど椿林でした。

道路のない宮塚山は
自然林に帰ってきているようです。
posted by mulberry at 15:35| 東京 ☁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

小笠原中学校学習発表会(2018)

DSCN8345(1).jpg
中3の発表

DSCN8348(1).jpg
全校吹奏楽


11/11午前、
小笠原中学校学習発表会。

長男・旭は中3。
修学旅行のまとめを発表。

映像を駆使して、楽しい発表でした。

旭は金閣寺について発表しました。


各学年の発表のあとは
全校合唱と全校吹奏楽。


素敵な歌声と演奏を楽しみました。
長男はちゃんとやっていたのかな?笑



posted by mulberry at 14:39| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

陸軍軍用食器(名古屋製陶所)

DSCN8317(1).jpg

DSCN8316(1).jpg


我が家の家宝(?笑)の陸軍軍用食器。

金属製(アルマイト)の代用だったようです。
(代用食器)

これは
茶碗くらいの大きさです。

裏には名陶と印されています。
名古屋製陶所のことです。

現在は鳴海製陶のようですね。


ところで
僕は、陶磁器の違いがわかりません。

これは、陶器?磁器?
posted by mulberry at 12:55| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

道路啓開訓練、航路啓開・海難救助訓練

DSCN8310(1).jpg
道路啓開訓練

DSCN8312(1).jpg
航路啓開・海難救助訓練


11/11   旧10/4  曇り

11/8から11/10にかけて、
東京都・小笠原村合同総合防災訓練が実施されました。

大規模な訓練のため、
100人以上が内地から来島したということです。

昨日11/10午前は、
道路啓開訓練、航路啓開・海難救助訓練などがあり、見学しました。

いざというときは、よろしくお願いします。
もちろん自助も大事です。


この日は天気もよく、
訓練の人、見学の人、みな暑かったのではないでしょうか?
posted by mulberry at 07:09| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

核密約から沖縄問題へ  小笠原返還の政治史 ( 真崎翔)

核密約から沖縄問題へ 小笠原返還の政治史 [ 真崎翔 ] - 楽天ブックス
核密約から沖縄問題へ 小笠原返還の政治史 [ 真崎翔 ] - 楽天ブックス


2017年4月発行
核密約から沖縄問題へ  小笠原返還の政治史 ( 真崎翔)
http://www.unp.or.jp/ISBN/ISBN978-4-8158-0871-6.html

核密約という重いテーマの本です。

タイトルからすると、小笠原はサブテーマのようですが、
本文ではかなりの量が割かれていて、
実際には小笠原が主題といえます。

目次は、
序 章 なぜ小笠原返還交渉を取り上げるのか
第1章 小笠原占領の決定
第2章 父島と硫黄島の米軍基地
第3章 返還交渉を進展させた米国側の要因
第4章 返還をめぐる米国内および日米間交渉
第5章 小笠原核「密約」と沖縄返還交渉
終 章 小笠原返還交渉とは何であったのか

本文では
小笠原や沖縄の返還交渉が克明に描かれています。

交渉過程では、
繰り返し同じような文言が出てきます。

-----------------
小笠原は返還以前、核が置かれていた事実。

小笠原返還にあたっては、核貯蔵の密約があったこと。

小笠原は一括返還されましたが、
核貯蔵密約のこともあり、
実質、硫黄島は分離されました。
(いまだに一般人が訪れることもできません)

それを踏まえて
沖縄返還にあたっては、核持ち込みの密約があったこと。

意図とは逆に
小笠原返還が、沖縄返還の時期を早めたこと。

当時の情勢、
ベトナム戦争や共産国(中・ロ)が影響していること。

アメリカの核は「核の傘」ですが、
「瓶の蓋」(日本に核を持たさない)効果もあったこと。


などなど、難しいテーマですが
返還の情勢について、とても勉強になりました。

posted by mulberry at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

寿屋(サントリー)、イカリ印ウィスキー?

DSCN8298(1).jpg
瓶の底に錨マーク


DSCN8300(1).jpg
寿屋の刻印


11/10  旧10/3  晴れ

山中に
寿屋(サントリー)の瓶が落ちています。

瓶の底が錨のマークなのは、
最近気づきました。

寿屋ですから、
中身はウィスキーでしょう?

まだきちんと調べがついていませんが、
ネットなどの情報では海軍指定の納入品があったようです。

海軍用イカリ印サントリーウィスキーは
確かにあったのですね。
https://www.suntory.co.jp/whisky/museum/mizukaoru/water_story3.html

瓶が落ちている場所の近くには
海軍の洞窟砲台があります。

きっとこの瓶は
海軍用イカリ印ウィスキーだったのでしょう。


posted by mulberry at 07:24| 東京 🌁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

飛鳥Ⅱ(2018年11月)

DSCN8301.JPG


11/9  旧10/2  曇り

2018年、
2回目の飛鳥Ⅱ入港です。

今年は
2回ともうまく入港できました。


11月とはいえ、
まだまだ夏のような陽気の父島。

忘れた夏が
またよみがえったのではないでしょうか。

本日夕方には
神戸に向かって出港します。
posted by mulberry at 07:08| 東京 ☁| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

WOOD ROSE(ウッドローズ)の花

DSCN8252.JPG


11/8  旧10/1  晴れ


ウッドローズが咲いています。

ウッドローズ(バラアサガオ・ヒルガオ科・外来種)。
とても花が目立ちます。

花期は、例年、今頃ですね。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

本種はつる性で、
広範囲に広がっている場所もあります。

花は黄花、漏斗型合弁花冠。
おしべ5、めしべ1です。


葉の形も独特です。



posted by mulberry at 07:11| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

清水の鮨処おがさわらで食事

DSCN8123(1).jpg
店主 小笠原さん


DSCN8130(1).jpg
食べた順序は写真通りではありません。


DSCN8126(1).jpg

DSCN8125(1).jpg

DSCN8129(1).jpg

DSCN8118(1).jpg

DSCN8121(1).jpg

DSCN8120(1).jpg

DSCN8119(1).jpg

DSCN8117(1).jpg


2018年10月
静岡市清水のエスパルスドリームプラザ内
鮨処おがさわらへ。
http://dream-plaza.co.jp/gourmet/detail.php/96

おいしいお酒飲みながら、
いろいろ食べました。

ネタはよく覚えていません。苦笑

実は
三保のAさんにごちそうになりました。

ごちそうさまでした。

素敵な店主の方で
しかも、小笠原つながりで、うれしかったです。
posted by mulberry at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

世界文化遺産・韮山反射炉

DSCN7983(1).jpg
韮山反射炉


DSCN7988(1).jpg
近景

DSCN8022(1).jpg
さかさ反射炉


DSCN7994(1).jpg
説明するガイドさん

DSCN7989(1).jpg
焚所(たきしょ)風入口、灰穴


DSCN7992(1).jpg
左:焚口(燃料を入れるところ) 右:鋳口(銑鉄などを入れるところ)


DSCN7999(1).jpg
鋳台と出湯口(奥の壁側)


DSCN7973(1).jpg
ガイダンスセンター

DSCN7975(1).jpg
映像ホール

DSCN7978(1).jpg
展示


2018年10月
静岡県韮山反射炉へ。

駐車場からすぐにガイダンスセンターへ。

入場料500円払い、見学のあと、
屋外の反射炉と連続で見学できます。

反射炉は
ガイダンスセンター出るときからガイドさんがつきました。

2つの反射炉が残っています。

敷地エリアには
土産物屋さんもあります。

また高台の茶畑から
反射炉や富士山が遠望できます。


敷地内大砲は以前にアップしています。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462473657.html

posted by mulberry at 16:31| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

ホルムショルディア花

DSCN8289.JPG


11/7  旧9/30  晴れ

昨日、小笠原中学校に行きました。
前庭で本種が咲いていました。

うちのブログ調べると、
1年以上前にもアップしていました。苦笑

記憶から飛んでいました。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/446214180.html


ホルムショルディア・サンギネア(シソ科・外来種です。

チャイニーズハットプラントやテングバナといういい方も
あるようです。

花冠は5裂で、おしべ4、めしべ1です。
手前の丸っこいのは蕚です。

今のところ、
ここ以外の場所で見たことがありません。

どこかに植わっているかな?



posted by mulberry at 07:34| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

植栽場所(小学校総合)の草刈り

DSCN8294(1).jpg
植栽のヒメツバキ


DSCN8291(1).jpg
草刈り前


DSCN8292(1).jpg
草刈り後



午前、
小笠原小学校総合で植栽したヒメツバキ周辺を草刈りしました。

ここは
2018年2月に植栽した場所です。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/457007265.html

草ぼうぼうで気になっていたので、
個人的に草刈りしました。

草に埋もれていたヒメツバキも
みな元気よく生えていました。

これからも
スクスク育ってほしいものです。

ヒメツバキ的には
草でやや日陰で湿り気がある方と、ひなたで乾いた方と
どちらがよりいいのかしら?


草刈りが
余計なお世話になって居ないことを願います。
posted by mulberry at 12:00| 東京 🌁| Comment(0) | 環境教育 | 更新情報をチェックする