2019年11月21日

壕の中にあった「クレオソート丸」小瓶

DSCN3605.JPG


11/21  旧10/25  曇り

壕の中でみつけたクレオソート丸の小瓶。

クレオソート丸、
わかりやすくいうと、正露丸です。

効能も同じはずです。

小さな瓶です、正露丸と同じサイズだったら
中身は50粒くらいかな?



僕がこの瓶を見たのは
これで2ヶ所目。

もう1ヶ所は陸軍の洞窟陣地。

ここも
陸軍の洞窟陣地と思われます。

衛生環境の悪い場所では
重宝したでしょうね。
posted by mulberry at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

「空港&飛行場の不思議と謎」( 風来堂)

空港&飛行場の不思議と謎 (じっぴコンパクト新書) [ 風来堂 ] - 楽天ブックス
空港&飛行場の不思議と謎 (じっぴコンパクト新書) [ 風来堂 ] - 楽天ブックス


2019年1月発行
「空港&飛行場の不思議と謎」( 風来堂)
https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-33843-9


日本には97の空港があるそうです。

空港と飛行場の違いは公共用であるかどうか。
公共用であれば空港です。

様々空港のことや、
空港の運営、維持管理、設備、建設方法なども
書かれています。

空港建設地には
海の埋め立て、河川敷、山を削るなど、
の場所もあります。

大空港の羽田は
はじめ300mの滑走路から始まりました。


posted by mulberry at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

三日月山にある炊事壕

DSCN3603(1).jpg
6連式かまど

DSCN3604(1).jpg


DSCN3600(1).jpg
貯水槽

DSCN3602(1).jpg
ポンプ


DSCN3607(1).jpg
排気ダクト

DSCN3610(1).jpg
かまど側出入口

DSCN3606(1).jpg
クレオソート丸小瓶


植生調査の時に見つけた
炊事壕です。

6連式のかまどと、貯水槽があります。

水は外からパイプで引いています。

貯水槽は地下式なので、
ポンプでくみ上げるようになっています。

島では
6つもあるかまどは初めて見ました。

この炊事壕は
場所からすると、陸軍のものと思われます。
posted by mulberry at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

ムラサキルエリア(ルエリア・ツベローサ)

DSCN3572.JPG


DSCN3573.JPG


11/21  旧10/25  雨


人家に近いとある道端で、
ムラサキルエリア(キツネノマゴ科・外来種)が咲いていました。

ルエリア・ツベローサ(リュエリア・ツベローサ)
とも言います。

ここは庭から逸出したものかしら?


花は紫、4-5裂。

筒部から
おしべ・めしべは出ていないので、わかりにくいですが、
おしべ4、めしべ1です。

posted by mulberry at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

製氷海岸でオニヒトデ

DSCN3592.JPG


11/19  旧10/23  晴れ


昨日11/18、日中の出来事。

製氷海岸で
オニヒトデがいるのは知っていました。

でも、
スイム中に見たのは初めてでした。

水深3ⅿほどの
枝サンゴ(スギノキミドリイシ)の群生地。

ご覧の通り、
枝サンゴにへばりついています。

近くでもう1個体見つけました。

オニヒトデが
サンゴを殺してしまいます。

このエリアに
一体どのくらいいるのでしょうか?

posted by mulberry at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

「日本軍兵士」(吉田裕)

日本軍兵士ーアジア・太平洋戦争の現実 (中公新書) [ 吉田 裕 ] - 楽天ブックス
日本軍兵士ーアジア・太平洋戦争の現実 (中公新書) [ 吉田 裕 ] - 楽天ブックス


2019年7月発行
「日本軍兵士」(吉田裕)
http://www.chuko.co.jp/ebook/2019/07/516678.html

2019年新書大賞受賞。

日本の戦争の実態を知ることは大事です。

戦場で亡くなった兵士は
戦闘で亡くなった人ばかりではありません。

本書は
通常の戦闘以外で亡くなった兵士に焦点を当てたものです。

具体的には
戦病死、餓死、海没死、特攻(通常の戦闘ではない)、
自殺(自決)、処置などがあります。

本書ではさらに、
当時の実態や歴史的背景も書かれています。

アジア・太平洋戦争の戦死者は
9割がサイパン陥落後です。

そして、戦闘での戦死以上に、
戦病死が多いということです。

その部分だけを取り上げても、
日本の中枢が兵士を人権ある人として扱っていなかった実態が分かります。


ああああああ。


posted by mulberry at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

カカオの花

DSCN3587.JPG


とある場所で
カカオ(アオイ科・外来種)の花を見ました。

アオイ科というのは
全く知りませんでした。

幹や枝から直接花が出てくる
幹生花です。

うまく受粉すれば、
さらに果実が付きます。

花はごくこぶりで、
星形仁見える薄黄色の花弁5、

めしべ1、
おしべは10で、5は退化しているようです。


最近、
小笠原では母島で作られたカカオが出荷され、
内地でチョコになっているようです。
posted by mulberry at 09:08| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

清瀬隧道の大扉

DSCN3574.JPG



11/18  旧10/22  晴れ

父島には
大村地区と清瀬地区をつなぐ大きな隧道があります。

大村隧道と清瀬隧道2つに分かれています。

1939年頃完成しました。

清瀬側には
陸軍清瀬弾薬庫や海軍奥村重油槽があります。

大村の桟橋からそういった施設をつなぐ道として
掘られたものでしょう。

清瀬隧道は戦争中に
両側に大きな扉が設置されました。

避難・居住壕として利用されたのですね。

この扉はその名残です。


現在は都道湾岸通りができて、
この隧道は歩道として使われています。

通学路にもなっています。

posted by mulberry at 08:32| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

ハートが恋しくなったら・・・ミズクラゲ

DSCN3020.JPG


11/17   旧10/21  晴れ


11月にもなると、
水着で泳ぐのはきつくなってきました。

製氷海岸では
水面近くで、多くのミズクラゲが漂っています。

水族館の水槽のように、
密集しているところまれにあります。

小笠原のミズクラゲの生殖腺は
ハート形がわりと普通。

ハートに恋しくなったら、
製氷海岸へゴー!!
posted by mulberry at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

OWA30周年記念イベント「ライトアニマル」

DSCN3569(1).jpg


DSCN3567(1).jpg


11/16 旧10/20  曇り

2019年3月、
小笠原ホエールウォッチング協会は設立30周年を迎えました。

その記念イベントとして、
父・母でライトアニマルを企画。

今便でそれぞれ実施。
父島は昨夕11/15でした。
http://www.lightanimal.net/jp/


大画面に
実物大の鯨類たちが泳ぎました。

盛況でしたね。


余談ですが、
現在僕、会長です。爆笑

posted by mulberry at 12:33| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

11/16午前、戦跡と森歩きツアー

20191116114609702.jpg

20191117071808729.jpg

11/16午前、
戦跡ツアーと森歩き。

戦跡ツアーの参加者は
9月に来島予定が台風でつぶれて
リベンジのお二人。

あいにく、
今回も台風の影響が少し。

御主人は
50年前に仕事で来島されたとのこと。

返還後にすぐの時期ですね。
posted by mulberry at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

台風被害が少なかった植栽地(奥村都道沿い法面)

DSCN3409.JPG


奥村・都道沿い法面、
自生植物植栽場所です。

2018年1月に
4年生が植栽した場所。

2年近くたってきました。

ヤギの食害などで、
生きのびている植物はおおむね4種に。

その4種は順調に育っています
すでにテリハハマボウは花もつけています。


幸い、台風21号では
さほどやられずに済みました。
 
見た目の感じとしては
8-9割は大丈夫ですね。

よかったです。

posted by mulberry at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ムニンシュスラン花

DSCN3562.JPG


11/15  旧10/19  雨


山中、
ムニンシュスラン(ラン科・固有種)が咲いています。

草丈20㎝以下です。

先月の台風で、倒木や落枝がいっぱい。

心配でしたが、
それなりの大丈夫でした。

とある場所では、
今年もあちこちで花をつけています。

小さな花です。
踏まないようご注意願います。


posted by mulberry at 08:13| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

11/14午前、戦跡ツアー

20191114170332750.jpg

11/1午前、戦跡ツアー。

昨日からの
小笠原海運主催歴史探訪ツアーの
皆さんです。

高射砲砲台跡です!

ここは石垣です。

午後は島内景観ツアーでした。
posted by mulberry at 17:05| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

レンガ造りでコンクリート屋根の建物、珍しい?

DSCN3433.JPG


11/14  旧10/18  曇り


この建物は
海軍通信隊送信所施設の一部です。

この施設は
1944年に、他から、移ってきました。

この建物は海側に面していて、
見張りの役割もあったかと思われます。

外側はモルタル仕上げになっているので、
全部がコンクリート造りに見えます。

でも、よく見ると、
壁はレンガ積みです。

そして天井部は
梁も含めてコンクリート。

レンガの壁ととコンクリートの屋根の複合施設。

こういう建物、よくあるものでしょうか?
情報求む。
posted by mulberry at 06:55| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

11/13 小笠原海運主催歴史探訪ツアー

20191113194454782.jpg

20191113194503465.jpg

20191113194509228.jpg

11/13午後から、
小笠原海運主催歴史探訪ツアー。

この日は
歴史ツアー、サンセットナイト。

サンセットは
最後までいきました。

月の出すぐの
丸い月もよかったです!

posted by mulberry at 19:47| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

「江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎」( 山本 博文)

大名の『お引っ越し』は一大事!? 江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎(369) (じっぴコンパクト新書 じっぴコンパクト新書 369) [ 山本 博文 ] - 楽天ブックス
大名の『お引っ越し』は一大事!? 江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎(369) (じっぴコンパクト新書 じっぴコンパクト新書 369) [ 山本 博文 ] - 楽天ブックス

2019年9月発行
「江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎」( 山本 博文)

https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-33887-3

江戸時代、
藩の数は300近くありました。

その中で
改易や転封にあった大名は250人以上。

改易は大名をとりつぶすこと。
転封は領地を引っ越しさせること。

改易・転封
様々な理由があったようです。

跡継ぎがいないだけが
改易の理由ではないんですね。

改易・転封、こういうのがあると、
大名はもめごと起こさないようにという
保守的な傾向が強くなるでしょうね。
posted by mulberry at 08:34| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

人なれしている?母島前浜のメジロ

DSCN3536.JPG


母島の前浜の堤防での一コマ。

脇にあるのはガジュマル。

堤防の上を多くのメジロが集まっています。

人慣れしているのか?
ある餌付け慣れしているのか?

あるいは
台風でえさ不足?

父島で
こういう光景を見ることはまずありません。



posted by mulberry at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

ウチダシクロキ花

DSCN3548.JPG


11/13  旧10/17  晴れ


台風21号の影響が気になったので、
とある場所のウチダシクロキ(ハイノキ科・固有種)を
見てきました。

この場所は1株しかありません。

幸い、大丈夫でした。

そして1か所だけ花もつけていました。

他の群生地も気になるところです。

本種は個体数が少なく、さらに減少傾向が強いので、
こういう自然の脅威も気がかりです。


花は乳白色、
5深裂(5弁ではありません)。

おしべは多数、5束生(五体雄蕊)。
めしべは1(柱頭は3裂)。
posted by mulberry at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

「航路・旅客船の不思議と謎」(風来堂)

航路・旅客船の不思議と謎 船の航行にはどんなルールが!? (じっぴコンパクト新書) [ 風来堂 ] - 楽天ブックス
航路・旅客船の不思議と謎 船の航行にはどんなルールが!? (じっぴコンパクト新書) [ 風来堂 ] - 楽天ブックス

2018年11月発行
「航路・旅客船の不思議と謎 船の航行にはどんなルールが!?」
(じっぴコンパクト新書) [ 風来堂 ]。
https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00919-3

我が小笠原航路については、
定期船(おがさわら丸他)と貨物船・共勝丸の歴史が
しっかり書かれています。

日本各地の定期旅客航路が
主に取り上げられています。

島好き・船好きの方には
楽しい本です。

行ったことのない島に行ってみたくなりますよ。
posted by mulberry at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

母島都道(北進線10km・南進線4km)全約14㎞

DSCN3492(1).jpg
都道最南端

DSCN3483(1).jpg
万年青橋

DSCN3481(1).jpg
南進線の表示

DSCN3495(1).jpg
中ノ平橋 向島

DSCN3528(1).jpg
沖港近くからははじま丸


DSCN3444(1).jpg
メグロの看板


DSCN3441(1).jpg
アノール侵入防止策


DSCN3450(1).jpg
ビッグベイ

DSCN3451(1).jpg
東港


DSCN3462(1).jpg
北村


DSCN3467(1).jpg
北港

DSCN3465(1).jpg
北進線終点  北港



先日の母島出張は夜の講習が仕事。

日中の空き時間に、
北進線10㎞と南進線4㎞を歩きました。

2回に分けました。

北進線は
片道は有償運送で運んでもらいました。

道は標高250m以上までのぼります。

沖港から桑ノ木山あたりまで、ずっと上って、
その後はずーっと下りで北港まで。


南進線は4㎞と短く、
こちらは山の歩道も使って往復しました。

標高は100m以下ですが、
何度もアップダウンがあります。

計20㎞ほど歩きました。


南北の14㎞なら、
3時間半-4時間程度で歩けるでしょう。

posted by mulberry at 08:22| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

シマモクセイ雄花・雌花(両性花)

DSCN3414(1).jpg
雄花


DSCN3424(1).jpg
雌花(両性花)


11/12  旧10/16  晴れ


台風21号のあと、
シマモクセイ(モクセイ科・広域分布種)があちこちで咲きだしています。

甘い芳香が漂っています。

本種は雌雄異株で
雄花と雌花(両性花)で違いがあります。

雄花も雌花も
花は白い4裂、おしべ2、めしべ1です。


雌花(両性花)は
めしべの柱頭がおしべの位置くらいまでのびています。

雄花はめしべが退化して
おしべの位置までのびていません。
奥の方に見える程度です。


そうやって見比べてみてください。

 
posted by mulberry at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

「嘘と正典」(小川哲)

嘘と正典 [ 小川 哲 ] - 楽天ブックス
嘘と正典 [ 小川 哲 ] - 楽天ブックス



「嘘と正典」(小川哲)、2019年9月発行。

名前が正典という古い知人から、
この本をもらい、読みました。

6つの短篇集。

6つのうち1つが書き下ろしで、
他5つはすでにSFマガジンなどで発表されています。

説明がやや難しいところもありますが、
おおむね楽しく読めました。

タイトルの「嘘と正典」
共産主義がなかったかもしれないというSFです。

僕自身は
「ムジカ・ムンダーナ」が好きでした。



posted by mulberry at 11:32| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

母島で見てきた戦跡

DSCN3460(1).jpg
探照灯


DSCN3473(1).jpg
十二糎高角砲

DSCN3524(1).jpg
御幸之浜 銃眼


DSCN3472(1).jpg
北港銃眼



11/11  旧10/15  曇り


11/9-10と二日間の母島出張。

日中は空き時間で
都道をたっぷり歩き、戦跡も見てきました。

今回は4ヵ所。

北港の銃眼は
台風で回りがスカスカになっていて、
海側から見えました。

銃眼から中に入ってみましたが、
返還後の農漁業用と思われるものがありました。
posted by mulberry at 07:38| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

11/10、母島都道南進線ウォーク

20191110152922186.jpg

20191110152931603.jpg

20191110152939156.jpg

20191110152953630.jpg

11/10午前、
母島都道南進線ウォーク。

こちらは片道4キロほど。

山の歩道も歩きながらの
往復しました。

計8キロ以上。

御幸之浜や万年青浜も
行きました。
posted by mulberry at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

11/9母島都道北進線ウォーク

20191109145632481.jpg

20191109145648026.jpg

20191109145656237.jpg


20191109145845893.jpg

11/9
母島出張。

夜が仕事で
昼は空いていたので、歩きました。

北進線ウォーク、約10キロ。
二時間半くらいでした。

涼しかったので楽でした。
posted by mulberry at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

11/9グッドエコツアー千尋岩

20191109145309846.jpg

11/9千尋岩コース。

僕は母島出張のため、
妻ガイド担当。

やや涼しくなってきたので、
楽に歩けたかしら?
posted by mulberry at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

411/8ナイトツアー

20191108210904280.jpg

20191108210913269.jpg

11/8ナイトツアー

予想外に
明るいグリーンペペ1つ。

ラッキーでした。

天文台の電波望遠鏡は
ほぼ真横に。
posted by mulberry at 21:10| 東京 ☁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

シマイスノキの花

DSCN3419.JPG


11/8  旧10/12  曇り

シマイスノキ(マンサク科・固有種)が
花をつけています。

昨日、夜明道路を歩いた時、
道沿いで何本もの花を見ました。

赤いのはおしべの色です。

花弁がなく、小さいので、
歩いていないと気づかないでしょう。

花期は
秋と春とがあります。

個体差なのか、その年で違うのか
調べる価値はありそうですね。
posted by mulberry at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

10/7、島一周ウォーキング

DSCN3417(1).jpg


DSCN3412(1).jpg

本日11/7、
ツアーがキャンセルになって予定が空きました。

午前、
島内一周ウォーキングすることにしました。


転機も曇りがちでしたが
暑さもかなりましになりました。

それでも
汗はたっぷりかきました。

台風から少したって、
シマイスノキ、シマモクセイ、シマグワなどが花をつけています。
posted by mulberry at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする